POLICY

建築に関する考え方

建築設計という仕事は、施主との信頼関係を築きながら、ずっと世に残る建築を生みだすことができるという本当にやりがいのある仕事です。でもその建築は、目先の自分の喜びのためのものでは決してなく、ずーっと使ってみてじわじわと大切さが増してくるような、そして周りの人たちもじわじわっと幸せにするようなものだと、私は思っていますし、昔から残る建築を見ればむしろ建設当時より魅力が増すようなものもつくることができ、そこには人びとの大切な記憶や思い出が生まれ、残ってゆくということも分かります。でも、そんなものを実現するにはとても予算がかかるのか?と言えば、限られたご予算の中でも、何度も設計内容を考え直し、施工者と厳しいやりとりをしながら最大の価値を生み出す事ができるのが設計事務所の仕事だと信じていますし、そのためにもやはり、設計者は施工者から独立していなければならず、設計施工でなく、設計専業である事でしか実現できない仕事の質があると自負しています。

長谷守保建築計画
長谷守保

 

「ご依頼と設計料について」はこちらからご覧ください